スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルトグラインダ

Category : ストック&リムーバル
ナイフを削り出すのには、30センチくらいのコンタクトホイールと平面プラテンが使える仕様の
ベルトグラインダが一般的なんですが、一般市場からするとこれがまたなかなかニッチな製品でして
日本のメーカーではどこでもほとんど特注に近いような生産状況なのでまぁお高い。

大阪の小阪精機が、JKGの名を冠したグラインダを作ってたということで
見積もりを取ってみるが、やはり良い値段してらっしゃいますね。
確かに精度も剛性も相当高いだろうし、正直欲しいけどね。ちょっと高すぎるズェ・・・。



これはちょっと厳しいなと、ナイフメイキングの本場メリケンで調べてみると
やっぱ色々あるね。日本市場とはエラい違いだ。価格もそれなりにこなれてる感じ。
有名なのはラブレスのお墨付きってアレで、相田さんとこでも扱ってるBurr kingのやつ。
アタッチメントがメチャクチャ豊富でカスタマイズが自由自在。


こんなの。

th_bk10inch2.jpg

良い機械だと思う。つーか普通に考えたらベストチョイスな気もするんだけど
なんかね、これだ!って思えない。なんでだろう。ひねくれ者なんすかね。





そんな訳でまたしばらくインターネッツを物色しておりますと、ありました。素敵な機械↓
Wuertz Machine Works LLC.
マッチョな青年が製造販売プロモーション出演までしてるセルフ加減。なんともアメリカっぽいね。

th_100_0119.jpg

基本的にはいわゆるBader系の構造なんだけど、テンショナーと水平・垂直ティルトの構造が
スゲー気に入った。謳い文句も気に入った。"Built for knifemakers by a knifemaker"ってね。

オリジナルのアタッチメント類も、ナイフメイカー発の機械と銘打ってるだけあって
なんともツボをおさえた作りになってる。

こりゃいいやと思って早速日本への発送とか支払いについて何度かやり取りしていると、
なぜかある時点から返事が来なくなった。・・・なんでやねん。

スポンサーサイト

Comment

No title

ゼットンの大きいほうサイズですねー。

木工のテーブルソーみたいで、なんだこりゃだったんですけどね。

No title

まいど!

ご紹介のマシン、意外と良いかも。プラテンでホロー削るってのが
新しいですな。本職は金型屋さんみたいなので、パーツの精度はバツグンに良さそう。
んで25x915ってのがまたなんとも(笑。ゼットンで削ってた頃を思い出します。

No title

昔々のナイフマガジンの欄外広告にこんなのいっぱい載ってましたよ。
(まんまバーキングそのものだったかも)

なんだかあまりかっこよくないやつ
http://housyu-knife.com/category/details
嵩張らなくていいかもしれません。
非公開コメント

プロフィール

ナカジマシンタロウ


色々作ってます。

問合せフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
超オススメリンク
最新コメント
月別アーカイブ
ユニークアクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。