スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Turning toolの設計開発

Category : ウッドターニング
とか云うと大げさすぎるのだけど、まぁ、完全国産品を真面目に作っています。

前回試作した刃物は日立のHAP40を使ってみたけど、なかなか良かったと思う。
というわけでもう少し増産。設計は若干のマイナーチェンジも。
捨てる部分はなるべく減らしたいので鋼材の歩留まりなんかも考えつつ、
キモになるのはやはりガウジのフルート形状なんだけれども。



前回製作を依頼した鉄工所は、加工を他所に投げてしまったので詳細を聞く事が出来ず
物は出来上がったものの、ノウハウの蓄積という意味ではイマイチ。
だって上がってきた品物見て、「凄い技術ですよねー」って。・・・他人事かい。
しかも後付けでコストが大幅に膨らんだとか言ってくるし、もうね。

そんなこんなで今回は加工用の超硬工具から特注したった。
フルートのRに併せた総形刃だ。やったった。
加工依頼先も作り手と直に話が出来る所に変更。後は材料。
HAP40の在庫がまだ少しあったのでとりあえず使うとして、グレーザーの復活で
にわかに再燃してるCPMの15V。見積りとってみると、あれ?意外と安い。
これは使ってみてもいかも。しかし完全国産を謳うなら、材料も国内メーカー品にしたい所。悩む。

件のCPM製10V,15VやウッディホルムのVANADISシリーズ相当の超高ヴァナジウム鋼材って
国内メーカーでは通常入手出来ないんだよね。うーん。・・・イターナルのハイス化とか。

はてさて。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ナカジマシンタロウ


色々作ってます。

問合せフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
超オススメリンク
最新コメント
月別アーカイブ
ユニークアクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。