スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New York時々Philadelphia

Category : ウッドターニング
そんなわけで(?、San Joseから鉄道でSan Franciscoへ移動しまして飛行機でNYへ。
以前ウチに遊びに来たTimに会って、彼の製作の様子を見せてもらうのと
地元のターニングクラブ(AAWのchapter)について聞いたり、
PhiladelphiaのThe Center for Art in Wood(wood art centerじゃダメなのか・・・?)
企画展や収蔵品を見に行ったり、
あとの時間はほぼどこかの美術館にいるか、何らかの作家的な人のトコへお邪魔してました。
連日朝から晩まで動きっぱなしで少々疲れましたが
得るものもそれなりにあったかな、てな感じで。

以下、そんな中での一部をちょっとご紹介。






th_IMG_0940.jpg

Timが借りてる工房が入ってるBlooklynの古いビル。
メチャクチャカッコいい。入ってるのは殆どが若手の作家で
アーティスト雑居ビルと化しているこの建物、もういちいちオシャレなんだって。



th_IMG_0937.jpg

そんなビルの壁に、こやつは落書きをしておった。自由過ぎるw



th_IMG_0945_20120630163138.jpg

屋上で遊んでたら管理人さんに怒られた。俺ら子供か。



th_IMG_0930.jpg

Tim's工房公開。もうね、想像通りすぎて笑った。
まぁこうなるよね。必然ですよね。



th_IMG_0928.jpg

あ、これ知ってるぜ。防錆性と振動吸収性を高めたステンレスベッドと可動ヘッドストックの超クールな木工旋盤だろテールストックを指一本でスイングできるオプションも付いてるじゃんか剛性もムチャクチャ高くて最高だy(以下略




th_IMG_1127.jpg

ちょっと車でPhiladelphiaへ。しばしさらばNY。



th_IMG_1132.jpg

と思ったら渋滞、渋滞、渋滞。ですよねー・・・。



th_IMG_1161.jpg

やってきたのはThe center for art in wood ・・・長ぇよw

いや、まぁ、でも良い所でした。
大変よく喋るオバちゃまが色んな興味深いお話をして下さいました。2時間くらいぶっ通しで(笑
お土産に立派な本まで頂いてしまいまして。



th_IMG_1148.jpg

企画展以外の所蔵品も見せてもらったんですが、
なかなかに宜しゅうございました。
刺激されすぎて俺もTimも「あー早く帰って旋盤してぇ」ってな具合で。

片隅に置かれてた古い足踏み旋盤。なかなか良い感じすね。


th_IMG_1142.jpg

所蔵品を見せてもらってる最中、コレに目がいった瞬間、Timと俺が同時に叫んだ。

「Stocksdale!!!!!」

初めて見るのに一目でそうだと確信させられるって物凄い事ですよね。
そんなに奇抜なデザインな訳でもないのに。

し・か・も・触らせてもらっちゃったw んでもって!スネークウッドですぜコレ!!

でもオバちゃんは「Stocksdale?あらそうなの?良く知らないけど」とか言ってやがった(笑


この他にも結構盛りだくさんだったんですが、写真があまり無いのと
諸々の都合にてご容赦下さいw



スポンサーサイト

Comment

>>サワノ氏
良い空気出してやがりましたぜ。
古い鉄ってなんであんなにカッコいいんだろう。

>>ずきさん
ミシンと同じ理屈だけど、トルクがかなり必要な分しんどいでしょーなー。
あ、逆に旋盤ダイエットで売り出すか!

東条湖にも小さい旋盤持っていこうかな?w

No title

足踏み旋盤って凄いな。こんなので削るのはえらく忙しそうだw
スネークウッドの器?って贅沢だな・・・

ステキ!

足踏み旋盤、めちゃステキです!
最高にカッコいいです!
足踏み部分に☆マークいっぱい!
これ 欲しいですねー、笑。
非公開コメント

プロフィール

ナカジマシンタロウ


色々作ってます。

問合せフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
超オススメリンク
最新コメント
月別アーカイブ
ユニークアクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。