旋盤のメンテナンス

Category : ウッドターニング
してますかー?
ベッドにサンディング粉塵なんかが積もったままツールレスト動かし続けると
徐々に削れちゃいますよー。笑


という訳で↓Craft suppliesの参考動画。




割とみんなやってないのがレベル出しかな?
コンクリ打ってあったとしても必ず水平とは限らないので、是非水準器使って下さい。
鋳物ボディの旋盤って、大型機でも結構床面の狂いに追従してねじれちゃいます。
せっかく精度高く作られた機械でもそこで狂っちゃったら勿体ないですよね。

テーパー内部もなるべくいつも清潔に。汚れがたまって篏合が悪い状態で使うと
テーパーの中で工具が暴れて傷がついたりします。そうするとさらに精度が下がる原因に。

あと余談ですが、テールストックのロックはなるべく使いましょう。
ライブセンターと旋盤の寿命が延びます。(先輩談)



それでは皆様、快適なターニングライフを。
スポンサーサイト

市販品で真空チャッキングキット

Category : ウッドターニング
先日教室の生徒さんから安価な真空チャッキング部材について問い合わせを受けまして、
参考としてモノタロウで販売されているものから安価な構成を考えてみました。



真空計(1/4TPのがあればそっちで)
http://www.monotaro.com/g/00187084/?t.q=%90%5E%8B%F3%8Cv

真空計からクロスへ接続用ネジアダプタ(G3/8→1/4TP)
http://www.monotaro.com/g/00134009/?t.q=G3%2F8

1/4TPクロス(可鍛鋳鉄の奴でも可)
http://www.monotaro.com/p/0581/9405/

クロス⇔ホース接続ニップル(2個必要、1/4PTのものからホース径に合わせて)
http://www.monotaro.com/g/00005996/

圧力逃がし用ボールバルブ
http://www.monotaro.com/p/0820/6107/

旋盤側真空アダプタ→ホース接続用カプラ(使用するホースに合わせて)
http://www.monotaro.com/g/00007130/

ホース
http://www.monotaro.com/g/00541826/

集塵フィルタ(クロスとポンプの間に接続・フィッティングはホース外径に合わせて)
http://www.monotaro.com/g/00385992/

こんなのもアリかも知れませんな。
http://www.monotaro.com/g/00176711/

てな感じで一式7000~10000円くらいですかね。これに真空ポンプと旋盤取付用のロータリアダプタ、
そしてチャッキング用のカップがあれば快適な真空チャッキングが出来ます。たぶん。

チャンバーこさえれば真空含浸もできまっせ。
わざわざ高価な真空デシケータ買わなくても、寸胴鍋とアクリル板とかで十分。笑



ちなみに真空ポンプはツーステージ(2段排気)式を選んでください。かつオイル式が無難かも。
シングルステージはチャッキングにはパワー不足です。正確にはモーターのパワーが一緒でも到達圧力が足りないのです。

うちではロータリアダプタはいつも心響太鼓さんに特注してます。
駆動する部分なので、精度高いのが良いですね。

カップは既製品買うか、アルミで特注するか、
塩ビ管のエンドキャップにフェイスプレートつけて使ってる人もいますね。

あと真空用ホースってのは存在するんですが、かなり高価だし取り回しもちょっと邪魔くさいです。
てか普通のコンプレッサ用ウレタンホースでいけます。(真空ポンプメーカーに確認済み)



そんなところでまた次回。

ビード、そしてビード。

Category : ウッドターニング
最近ですね、ビード(玉縁)をつけた意匠のものを頼まれたり、
自分でも作ってみたりしてるんですが。

いままであんまやってこなかったテイストなので
結構新鮮だったりして楽しいんでだけど、ディティールを突き詰めていくとなると
これがなかなかに難しい。

ツールもあれこれ試してみてるんですが、
ちょうど先日遊びに来たTimが持参してくれたD-way toolsのBeading toolがビックリする位調子良くて。
溝の浅さがバッチリなんすよね。

他社のは大概深すぎてちょっと使いにくいなーと思ってたところだったので、
ちょっと感動。鋼材も仕上げも非常に良いです。

あと、同じページで販売してるDiamond tool(Tear drop tool=断面が水滴型だから)が
これまた良い。ビーディングと併せて使うことで入隅の仕上げやビードの微調整が
スゲーーーやり易い。流石ですわ。



というわけでポチッとお買い上げ・・・。
ああ・・・。

OptiGrind®CBNホイール

Category : ウッドターニング
以前にも記事にしましたCBNを電着したタイプの砥石なんですが、
やはりどう考えても調子良いのです。

という訳で、代理店始めました。笑

まじめな話、欧州の工業国・オーストリアの「OptiGrind®」正規日本代理店の認定を受けました。



取り扱うのはコレ↓です。

optiホイール2

いわゆる鉄の台金にCBN砥粒が電着してあるタイプの両頭グラインダー用砥石なんですが、
ウチで取り扱うOptiGrindは台金のサイドにも電着層があるため平面研磨もできるという優れもの。
スキューも平らに研げます。

割れない=安全。
減らない=変形しない=いつでも同じように研げる=砥粒粉塵が出ない。
発熱が小さい=刃物を傷めない。
火花が殆ど出ない=引火の可能性が極めて低い。

ナカジマがあれこれ使ってきたモノ達の中でも、Robustの次にお勧めです。いやマジで。



こちら↓が専用フランジアダプタ。
1/2"、5/8"、3/4"、1"とほとんど全てのグラインダーに取り付け可能。

フランジ縮小版



つきましてはこんなページを作ってみましたので興味のある方は是非。

















おまけ。
日立の粉末ハイスHAP-40で作ったターニングツール、次回ロット製作入ります。
前回好評だったサイズから数量増やしつつ、新ラインナップも。

乞う、ご期待。

set縮小版
プロフィール

ナカジマシンタロウ


色々作ってます。

問合せフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
超オススメリンク
最新コメント
月別アーカイブ
ユニークアクセス