スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如何にして伝えるか。

Category : ウッドターニング
先週末のお客様、陶芸家のH氏と木工家のU氏。



th_IMG_0060.jpg



th_IMG_0064.jpg



ワークショップという形で、和式轆轤の道具や工法と比較しながら
洋式のウッドターニングをレクチャーさせて頂きました。

実際に作業もして頂きましたんですが、飲み込みのあまりの早さに驚きました。
さすが普段から手を動かしている方は違いますねー。

もうすでにものづくりで食べている方はやはり本気度も視点も
一味違うなと感じさせられる、非常に刺激的な一日でした。



th_IMG_0066.jpg



特にU氏は今ご自身で展開されているブランドに
本気でターニングを組み込んでいきたいという事で、とても熱心にリサーチされてました。
その実現の一助となれれば、俺もこんな楽しいことはないすね。

実は近いうちに製材所へ遊びにいく約束までしてしまいまして(笑。
なんだか本当に楽しい事になりそうです。





ただ、今回のワークショップをやらせて頂いて
「こちらが伝えたい事」と「相手が知りたい事」のギャップを
如何にして埋めるか?って言うあたりに考えるべき点がまだまだあるな、と。

なんというか、合理的な方法とか道具ってのはもうほぼ確立されていて、
基本的にはそれに従っていくのが一番の近道だってのを言いたくなっちゃうんですが
それって本当に「相手が今知りたい事」なのかなと。

伝える事を仕事にして対価を得ようとするならば、
ニーズから発信すべきではないか?とも思う訳なんす。



今後もっとターニングを介した自由な造形を広げていきたい身としては、
現時点でもまだまだ考えるべき事は沢山あるようです。

んでもって、動きますよ。

行動だけが現実を変える、ってね。
スポンサーサイト
プロフィール

ナカジマシンタロウ


色々作ってます。

問合せフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
超オススメリンク
最新コメント
月別アーカイブ
ユニークアクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。