早くも病気が

Category : ウッドターニング
中古で買ったハスクバーナ42をいじりだして、チェンソーが楽しくて仕方ない。
今まで探し続けてたターニング用のブランクが山ほど手に入るようになったのもあるが、
機械大好き少年青年には、コレちょっと中毒性が高い。





















・・・というわけで、買ってしまいました新しいチェンソー。
チェーンソーじゃなくてチェンソー。ここポイント。



th_IMG_0346.jpg



ハスクバーナ357XP。

排気量 56.5cc
出力 3.2kW/4.4hp
最高出力時エンジン回転数 9.600rpm
推奨最大エンジン回転数 14.000rpm
重量(バーとチェンを除く)5.5kg
バーサイズ 13"~24"/33~60cm



超・カッコイイ。

スポンサーサイト

木材の調達

Category : ウッドターニング
最近木材の調達方法が一気に広がったというか、
以前とは変わりつつある。

殆どタダか非常に安価か、くらいの出費でかなり上質な原木が調達出来るルートが
このところ一気に増えてきた。
というのもこれまでは銘木店やオークションで製材品を購入してまして。
まぁ、結構良いお値段する訳です。特に銘木店てのは。

その点原木は当然の事ながら製材乾燥品に比べれば歩留まりは圧倒的に悪いのだけど
原木そのものの質としてはピカイチな物ばかりなので、
塊状の木材が欲しいウッドターナーとしてはまさに渡りに船。
大概の場合、チェンソーさえ持ってけば現場でおよその木取りをして持ち帰る事も可能。

そんなこんなで今頃になって、チェンソーがウッドターナーの必需品である事を実感している。
実は少し前に中古のハスクバーナ42を購入し、暫く放ったらかしにしていたのだが
このところパーツを集めて修理と調整と試運転を繰り返している所。
状態としてはかなり良い物だが、なんせ20年近く前の機械なので
あちこち手を入れてやらないとなかなか言う事を聞いてくれない。

しかしこいつのおかげでチェンソーの仕組みにはかなり強くなってきた。
現場でさぁ切ろうという時になってスターターがイカれて、バネも飛んで
クラッチ一式まで一人でブッツケ本番交換したあの雨の夕方。
半泣きで数時間かけてなんとか直して動いた!と思ったらもう辺りは暗くなりだしてて。
あ、思い出したら泣きそう。

th_IMG_0074.jpg


もともとバイク好きだったのでエンジンマシンは楽しい。凄く楽しい。
怪我だけはしないように注意しながら、チェンソーライフ、スタート。

プロフィール

ナカジマシンタロウ


色々作ってます。

問合せフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
超オススメリンク
最新コメント
月別アーカイブ
ユニークアクセス